葉酸 妊娠 サプリ 妊娠 健康

葉酸サプリ 配合紹介



配合紹介(栄養素:ビタミン)

葉酸は生体内や食品中では多様な形態で存在し
ヌクレオチド類の生合成やアミノ酸の代謝、タンパク質の生合成、ビタミン代謝
に関与しています。
名称と由来から植物性食品だけに含まれているイメージですが
動物性食品であるレバーなどにも多く含まれています。
通常の食品中葉酸 (プテロイルグルタミン酸) はほとんどが「ポリグルタミン酸型 (複数のグルタミン酸が結合した形)」 ですが
加工食品などに添加されている葉酸は「モノグルタミン酸型」(グルタミン酸が一つ結合した形、プテロイルモノグルタミン酸) です。

ポリグルタミン酸型葉酸は、消化管の酵素によって消化されモノグルタミン酸型となった後、小腸の上皮細胞から吸収されます。
食品中の葉酸の相対生体利用率はプテロイルモノグルタミン酸と比べ25〜81%と報告されており、2010年度版日本人の食事摂取基準では
食事性葉酸の相対生体利用率を50%としています。
モノグルタミン酸型の葉酸は小腸の上皮細胞から吸収され易い為、葉酸としての上限摂取量が1000μgと定めれれています。
妊娠を計画している女性、または妊娠の可能性がある女性は、胎児の神経管閉鎖障害のリスク低減のために
付加的に400μg/日のプテロイルモノグルタミン酸の摂取が望まれます。

■配合(栄養素:ミネラル)
赤血球を作るのに必要な栄養素です。
妊娠中は胎児に十分に酸素や栄養を運ぶために血液全体の量が増えます。
しかし赤血球の量はそれと比例して増えず、母体の栄養は胎児に優先に働いてしまう為
鉄分も優先的に送られてしまう事が原因で
母親は貧血になりやすいと言われています。

■Lara Republic葉酸サプリメント栄養素充足率
(栄養機能食品値:2.04mg〜10mg)
・クエン酸鉄Na
・鉄含有量:10%〜11%
・4粒あたりに7.5mg〜8.25mg


カルシウムは、骨や歯の形成に必要な栄養素です。
妊娠中は、お腹の赤ちゃんの骨や歯を形成するために
一日に150mgものカルシウムが胎盤を通して胎児に与えられると言われています。
また、母乳を通しても赤ちゃんにカルシウムが与えられるので、
妊娠・授乳期は、ママの身体や骨の健康のためにも普段より
多くのカルシウム摂取の必要があります。
妊娠中は900mg、産後は一日1,100mg
のカルシウム摂取が目安とも言われています。
■Lara Republic葉酸サプリメント栄養素充足率
・栄養機能食品の規格基準(204mg〜600mg)
・未焼成貝殻カルシウム
・カルシウム含有量:38%の為、4粒あたりのカルシウム量は210mg

Lara Republic?厚生労働省が推奨する葉酸サプリ?





 

サイトマップ